ドイツ旅

12/26〜1/15までの約3週間 ドイツ旅
無事に日本へ帰国しました。
皆様のお陰様で、学び多き素晴らしい日々を送らせて頂きました。

何から書いたら良いのか…というぐらいに、大切な事に気付かされた旅でした。

ドイツ日程の最終あたりにRyotaさんに聞かれました。
「この旅を一言で表すと?」
私は、
「ご縁の旅だった!」
と、答えました。

学生の頃から何故かドイツに惹かれるものを感じていたけれど、
この歳になってから ようやく行くタイミングになったこの流れ。
たまたま…ではなく、
このタイミングだったから、行くことが出来たんだ。
このタイミングだったから、感じる事が多くあったんだ。
全ては必要な事だった!
と、そういうことは分かっていたけど、
もっとリアルに感じて帰ってきた。

縁は自分で紡ぐ事も出来るし、遠のかせる事も出来る。
けれど、必要なものには出会い、終わっていくものは終わる。
また、始まる事もあるのだと。

知らない土地へ、その場その場の選択をして、
言葉が分からないから尚の事、感覚で進む事も多かった。
直感はやはり、間違いでは無いと確信する。

行ける気がする。
伝わる気がする。
分かる気がする。

素直に、素直に。

好意には存分に甘える。笑顔で返す。
言葉がダメなら、態度で示そう。
「幸せなら手を叩こう。
幸せなら態度で示そうよ。」

そして、自分が出来ることを精一杯やる。
それでいい。
それがいい!!

様々な出会いに恵まれ、天候にも恵まれて、
帰りを待っていてくれた家族がいて、生徒さんがいて、仲間がいて、友人がいて…。
他を知る事で、自分を知る。

自分1人の力など本当に小さく、
人の中で生きている事を改めて知る。
人に頼って、頼られて、
関わり合って生きる喜びを知る。

ドイツの文化はとても素晴らしく刺激的でもあったからこそ、日本の文化への愛を自分の中にも感じた。

さて、これからどうするか⁈
どうしたいか?

私は、同じ場所にずっといないジプシー的な性質の生き方があって、属することが苦手だ。
どうしてこうなんだろう?
と思っていたけれど、ようやく分かった気がする。

小さい頃から転勤してばかりいたから、どこかに安定する事がなかった。
今もフリーランスな働き方だし、
カンパニーには属していない。

それがあまり良く無いのではないか?と思っていたけど…

ちがう。それでいい。
自分が様々な場所で、沢山の方々と繋がる事で、
そこからまた沢山の方々への広がりになっているのだから!!

だから私がしたい事は、踊りと共に繋がる場を増やすこと!
小さくても、発信し続けること。

どれだけやれるかは分かりませんが、
その時にはまた皆さんに、関わってもらいたい。
関わり合いたい。

これからまた、頑張ります。
2018年も、よろしくお願い致します!!
ドイツでのパフォーマンスや
感じた事はまだまだ書ききれないので、またゆっくりと小出しにしてゆきます。笑


感謝
エリカ


ジャイロキネシス・ジャイロトニック名古屋

Life is dance.Dance is love. ERIKA HATTORI

0コメント

  • 1000 / 1000