服部エリカ

3歳の頃から、新体操→クラシックバレエ→ダンス部にてチアダンス・ジャズ・創作ダンス→モダンダンス・コンテンポラリーダンスと、様々なダンスを経験。

名古屋市内の様々なスタジオ
(湘南シャイズヨガスタジオ・VITERA・N.Sダンススタジオ・i-BODY・名鶴ダンスカンパニー・チャコット名古屋スタジオ・中日文化センター・リビングカルチャー星が丘教室など・・・)にて、
ジャイロキネシスという”ダンサーの為のヨガ”として考案された、椅子に座って動くエクササイズを教えています。

その他に、高校ダンス部のコーチを

記事一覧(131)

振りと即興

久し振りに先日、即興ではなく 振りを創り踊りました。この数年は即興で踊る事が多く、その前まではずっと振付を踊ってきました。先生に振付をして頂いて踊った始めの頃は、振りを覚える事やテクニックを高めることに必死で、自分で何を踊っているのか...正直分かってなかったと思います。言い方悪ければ「振りをもらって、それをこなす」…みたいな。自分で振付を考えるようになって、「あれ?今までどうやって踊ってきたんだろう???」と、やっと気付く...。なんでここで手が上がるのか?なんでここで脚を高く上げる必要があるのか?なぜ後ろを向くのか?なぜ身体を曲げるのか?全ての振り一つ一つを追求し始めて、そしてようやく「自分の踊りになる」のだと。ただね...それをまた考えすぎると、止まっちゃうんですね。笑振りを理解したら、自然な感情で踊りたいのです。が、頭が「次はこういう感情の振り」みたいな先読みした踊り方だとーーー嘘っぽくなるんですよね!バランスが難しいですね。だから、即興の世界に脚を踏み入れたわけです。「自然に踊りたいなぁ...」と思って。それまで即興で踊るなんてした事がなかったですし、自分は出来ないと思っていたけれど...出来ちゃったんですよね。と言いますか、やればいい。笑もう、水を得た魚のように踊り狂う。内側から溢れて止まらないですから...。そうした流れを経て、また今回のように創作した踊りを踊る。振りを理解し解釈して踊る素晴らしさと、嘘のないリアルな表現である即興。どちらも素晴らしく、必要必然であるとまた、学び得ました。そしてムクムクと、何かクリエーションしたい欲求も 春の訪れと共に芽生えてきました。